店舗デザインは品物をより良く見せるために行う

店内のデザインは、商品をより良く見せるための道具

店内のデザインは、商品をより良く見せるための道具 | どんな店にしたいのかをよく考えて店内の内装を決めるべき | どのような店舗のデザインがあるか店をまわってみるべき!

商品は変わらないのに、店舗デザインが変わっただけで売り上げが向上するということは珍しくありません。
デザインを変えれば、商品の陳列方法も変わってきます。
実際に、置き方が変わるだけで品物の見え方が変わって購入に至ることもあるでしょう。
通販などで最初から品物を決めて探して買う場合は別として、店頭ではやはり見た目がかなり大切になってきます。
買いたいか買いたくないかを左右してしまうほど、店舗デザインは売り上げを考える上で重要です。
雑貨やアパレル関係の店なら、扱う商品の雰囲気に合わせた店舗デザインにすることが大切です。
カジュアルなアクセサリーなのに、店内がシックでエレガントな雰囲気だとイメージが合いません。
せっかく店内に人が入ってきたとしても、アクセサリーと店内の雰囲気が違うと購入せず帰ってしまうことも多いです。
アパレル関係も同じで、服と店内のデザインを合わせておく必要があります。
店内のデザインは、商品をより良く見せるための道具だと言っても過言ではありません。

店舗デザイン スペースデザインカレッジ