店舗デザインは品物をより良く見せるために行う

どんな店にしたいのかをよく考えて店内の内装を決めるべき

店内のデザインは、商品をより良く見せるための道具 | どんな店にしたいのかをよく考えて店内の内装を決めるべき | どのような店舗のデザインがあるか店をまわってみるべき!

何を売りたいのか、どんな店にしたいのかをよく考えて店内の内装を決めていってください。
飲食店の場合も同じで、どんな料理を提供したいのかを最初に決めておきます。
和風の店構えなのに、入ってみたら洋風のジャンクフードが出てきたらお客も驚いてしまいます。
意外性は大切ですが、店構えを見て料理を想像して入店した人にとっては嬉しくないサプライズです。
入店するお客ががっかりしないように、料理と内装がちぐはぐにならないように気をつけてください。
比較的デザインが似ているのは、書店や医薬品を販売する店舗です。
全く違う品物ですが、大抵どちらの店舗も店内がとても明るいという特徴があります。
店内が明るいと、本の背表紙や商品名をしっかりと読み取ることができるメリットが生まれます。
書籍や薬品関係は棚に所狭しと並べられているため、室内が暗いと本のタイトルや商品名が見にくいという問題が生まれてしまいます。
食品系だと、明るいだけでなく暖かい色合いのライトの方が好まれることが多いです。
スーパーに野菜や肉を並べるとき、ライトの色が違うと鮮度も違って見えてきます。
食品を置きたいときは、新鮮で美味しそうに見えるライトを使うことをお勧めします。
同じ食品でも、パンやクッキーを並べるなら鮮度よりも暖かい色合いのライトで美味しそうに見せた方が良いです。

ふむーhttps://t.co/YXO7XZWdJU

— 焼肉のすえなみ (@a_suenami) 2019年11月12日